まちづくり地方創生日記

清澄白河のかわテラス

IMG_2657

ピットマンズから眺めた隅田川の夜景、夕暮れ時の隅田川はとくに綺麗です。

最近、川を生かした施設が、全国に増えています。そんな中で、私たちの事務所からそんなに離れていない清澄白河にある、川を生かしたホテル+レストランをご紹介します。

「LYURO 東京清澄 -THE SHARE HOTELS-(リュウロ トウキョウキヨスミ ザ シェア ホテルズ)」
川に面したテラスバーベキューレストラン「ピットマンズ」
隅田川に面した広いテラスをもっています。

知人たちと去年の秋ですが、夕暮れ食事してきました。広い木デッキのテラスから眺める隅田川の景色は格別でした。夜景を肴にビールも進みます。
陽が暮れていくにつれて、川の風景が刻々と変化していきます。
もともと東京は川や運河を生かした町でした。東京は隅々まで川や運河が張り巡らされ、通運のみならず、川べりで涼んだり屋台の食を楽しんだりは、江戸の庶民の暮らしに根付いていました。しかし、近代になって、物流が自動車中心になり、運河や川が埋め立てられたことで、川を生かした街の楽しみ方は減ってしまいました。
川の復権は、全国共通のテーマです。大阪や福岡でも、ここ数年、川を生かした施設が増えています。

私たちも、茨城県河内町など、なぜか川にちなんだ街の相談を受けることが多いのですが、その地域にあった川を生かした場所がつくれれば、大きな地域活性化のポイントになると思います。

IMG_2654

夕暮れの風景。川の面白さは、刻々と時間によって変化するところにあります。

IMG_2660

写真のとおり、隅田川を眺めながら食事ができます。もともと川べりに建っていた建物をリノベーションしたとのこと。江戸の歴史を踏まえ、川を生かした建物がもっと増えると、東京もさらに活性化すると思います。