ソーラーシェアリング

IMG_3545
農業と太陽光発電を共存させるシステムであるソーラーシェアリングシステムについて、当社の藤枝と古宇田は2011年から関わってきました。2011年、ソーラーシェアリングの概念もまだ確立していない時期に、開発者の長島彬氏と日本計装技研、k&factoryは、農林水産省からの委託を受けた「農作と太陽光発電を両立させるシステムの事業化可能性調査」を行いました。当社のメンバーである藤枝は、この調査報告書を元にソーラーシェアリングの普及に向けて結成された、一般社団法人日本ソーラーシェアリング協会の会長でもあります。この報告書などがひとつのきっかけとなり、条件つきですが農地へのPV導入の道が開かれました。太陽光発電と農業との共存は、限られた国土を有効活用し、農家の収入を多角化するアイディアです。まちづくりや農業などのベースとなる技術をもとに、今後、地方創生に向けて、当社が事業化などサポート致します。

写真は私たちが上記の調査対象にしたソーラーシェアリング上総鶴舞

農作と太陽光発電を両立させるシステムの事業化可能性調査(抜粋編)

tyousakekka